目的別プロジェクトについて

ワークショップ成果発信プロジェクト

年に1回開催しているVHO-netワークショップの成果を発信するためのプロジェクト

・2018年、2019年に開催された第18回、19回のワークショップの内容を整理し、さらには「資金調達」に関する情報を含んだ冊子を作成する。

・実際にワークショップに参加された方はもちろんのこと、その他のヘルスケア関連団体の方々に、「資金調達の意義・重要性」を理解していただくと共に、資金調達を考えることを機に、各ヘルスケア関連団体の組織体制・活動内容の見直しを行い、団体の成長を支援するツールとする。

ピアサポートプロジェクト

『VHO-netが考えるピアサポート5か条』(2015年発行)の内容をさらに深めるプロジェクト

・ピアサポート5か条をさらに具体的に理解するためのワークショップを開催。
・第1回目のワークショップとしては、特に「記録」にフォーカスして実施。
・分科会で出た意見を元に、「VHO-net倫理ガイドライン」の策定に取り組む。

PPIプロジェクト

AMEDが2019年4月に発行した『PPIガイドブック』を使用して、学習会を開催する。

・VHO-netのメンバーが、医療研究者のパートナーとして意見が発信できる患者を目指す。
・患者・市民の意見を聞いて説明・同意文書を作成する。
・参加者は治験の説明・同意文書を患者目線でレビューし、意見や感想の共有を行う
・臨床試験の参加者にとっての利便性向上、理解促進につなげる。