ヘルスリテラシー体験学習型セミナーのご案内

ヘルスリテラシー体験学習型セミナーのご案内

参加希望の方は、5月20日(金)までにお申し込みください。

この度、VHO-net・ファイザー株式会社共催「ヘルスリテラシー体験学習型セミナー」を開催する運びとなりましたので、ご案内を申し上げます。 情報過多社会の現代においては、簡単に情報が手に入る一方で誤った情報やフェイクニュースが急速に広まる現象が起きやすくなっています。正確で質の高い情報を得るためには、情報を受け取る側のヘルスリテラシーを向上させることが戦略のひとつです。ヘルスリテラシーとは、健康情報を入手し、理解し、評価し、活用するための知識、意欲、能力の事です。ヘルスリテラシーを高めることは、日常生活における健康関連の意思決定を通じて、生活の質を維持・向上させることができます。また、ヘルスケア関連団体から発信する情報誌等の質をさらに高める一助ともなります。 本セミナーでは、事前学習や講義、演習およびグループディスカッションを通じて、健康情報の入手、理解、評価、意思決定について学びます。 参加希望の方は、5月20日(金)までに下記の要領でお申し込みください。 お申し込みを頂いた方には、順次事前課題の資料をお送りします。

参加対象:VHO-net 会員または、VHO-net 会員から紹介されたヘルスケア関連団体のリーダー又は医療福祉関係者の方
開催日時:5月28日 (土) 9:30~12:30 (9:00~接続可能)
開催場所:オンライン (zoom:URL は、開催2日前までにご連絡します)
事前課題:
① eラーニング (YouTube) 視聴 (合計約8分)
② 健康情報の入手 (作業時間目安 30分)
③ 事前課題演習用スライドへの記載 (作業時間目安 30分)
* 事前課題のご提出は不要です。セミナー当日にお手元で参照できるようご準備ください。
申込方法:こちらのURLからお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfxAZEEPKpMJ1guxoLylcqFogoFyITJV_MObwR99QfZxxiHYw/viewform
(URLをブラウザのアドレスバーに貼り付けてアクセスしてください)

タイムテーブル

時間 内容
9:30-9:45 (15) 進行説明、講師紹介
9:45-10:45 (60) 講義
10:45-11:15 (30) 個人演習
11:15-11:25 (10) 休憩
11:25-11:55 (30) グループディスカッション (ブレイクアウトセッション)
11:55-12:20 (25) グループ代表発表
12:25-12:30 (5) クロージング

講師紹介
中山 和弘 先生 聖路加国際大学 大学院 看護学研究科 看護情報学分野 教授
専門分野:保健医療社会学、看護情報学
ヘルスリテラシー(健康を決める力)、意思決定支援、ヘルスコミュニケーション、ポジティブコーピング、これらを支えあうサポートネットワークやコミュニティ、ソーシャルキャピタルづくりなどをテーマとしている。

ご略歴
2004年4月 - 現在
聖路加国際大学 教授
放送大学客員教授
東京慈恵会大学大学院医学研究科非常勤講師
横浜市立大学医学部非常勤講師
女子栄養大学大学院栄養学研究科非常勤講師
首都大学東京大学院人間健康科学研究科非常勤講師
東京大学大学院医学系研究科非常勤講師
2001年9月- 2004年3月 聖路加看護大学助教授
1998年4月- 2001年8月 愛知県立看護大学助教授
1995年4月- 1998年3月 愛知県立看護大学講師
1993年10月- 1995年3月 東京都立大学人文学部社会福祉学科助手
1992年4月- 1993年9月 国立精神.神経センター精神保健研究所流動研究員
1990年4月- 1992年3月 日本学術振興会特別研究員(PD)
1987年4月 - 1990年3月 東京大学大学院 医学系研究科保健学専攻 博士課程