まねきねこ55号発行しました

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、世の中が大きく変わりました。今号のTOPICSでは、感染の不安が大きい指定難病の患者さんや医療者、行政担当者が困らないよう、いち早く指定難病受給者証の期間延長に向けての取り組みを紹介しています。WAVEでは、ヘルスケア関連団体の運営や活動のオンライン化を推進している研究者に取材しました。このような時だからこそ、疾患の垣根を越えた「難病カフェ」や、RPの患者会のような役員の多様性も重要になってくると思います。
55号がウィズ・コロナの時代のヒントになれば幸いです。